トップページ > 環境への取り組み > 環境のためにできること

環境を見つめて製品作りを行うのは企業の責務と考えます。

地球規模で環境破壊が進むなか、社会全体で、環境保全、循環型社会への変革を推進する動きがあります。当社もまた、社会の一員として、環境負荷の少ない製品の製造を心がけ、積極的に市場に提供しています。 そのなかで重点を置いているのが、SOYインキの製造をはじめとして、エコマークやNL規制に準拠した製品を生み出すことです。

SOYインキ
大豆油を使用したSOYインキは、環境にやさしく、省エネルギーにもつながる製品として、印刷業界の主流になりつつあります。これをさらに進化させたのが、ノンVOC製品「Libra QFD 100」です。石油系溶剤成分をゼロにし、揮発性有機化合物成分も無くしたもので、再生可能な植物油の使用と相まって、環境負荷がもっとも低減されています。
エコマーク
エコマーク認定製品とは、日本環境協会により、環境保全に役立つと認められた製品。インキでは、VOC低減、印刷時のエネルギー消費、製造や廃棄の際の化学物質排出への配慮などが基準となっています。
印刷インキ工業会
NL規制製品とは、「食品包装材料用印刷インキに関する自主規制(NL規制)」に基づいて製造した製品です。この規制では、インキの原材料として使われやすい物質のうち、健康を考慮して使用を避けるべきものが対象に選定されています。
環境保護印刷(クリオネマーク)
「環境保護印刷(クリオネマーク)」とは、環境にやさしい生産活動に取り組む印刷業界のシンボルです。
E3PA(環境保護印刷推進協議会)が定めた、一定の自主規制基準をクリアした企業・印刷物に認証マーク(環境保護印刷<クリオネマーク>)が発行されます。

こういった基準をクリアしながら、環境にやさしい製品の開発を義務として、今後も企業としての責任を果たしていこうと考えています。